らじおへっど。 2011年06月
●管理人けいしきが影響を受けたアニメ、漫画、イケメン、幼女、BL、乙女ゲーその他諸々を  つらつらーっと描いていくブログ。 色々取り揃えていく予定です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

らじおへっど。第370回。    「歌ってみた。」

トライマス

●今回の更新はテスト部分が大きいんですが
 読者さんは【DAM】をご存知でしょうか。
 …自殺の名所じゃないぞ?
 そう、あのカラオケDAM。カラオケルームなんかに入ると
 UGA、JOY、DAM、この三つの機種が大体メジャーだとは思うんですが
 その三大勢力の一つのある機能を今日はご紹介。

●このカラオケDAMなんですが、
 DAM★とも、というコミュニティ機能があり、
 コミュニティに属していると何と自分の歌った歌を録音、さらに公表出来るという
 ある意味自殺行為にも等しいサービスが展開されています。

 ・・・察しのいい読者さんは
 もうここまで説明したらお分かりいただけたと思いますが。

 自分の首を絞めに行ってまいりました。

 事の発端を説明し始めると非常に時間がかかるんで
 その辺は端折らせていただきますが、
 ともあれ一回このDAMの録音、どんな風に録音されて、どんな風に公表されるのか?
 これ非常に気になっている方多いと思います。
 そんな訳で調査員けいしきは今回体当たり取材をしたところ
 こんな感じで再生されます。
 (追記:視聴にはDAM★ともへの登録が必要)

 
 (見れないというか一向にローディング終わらない方はコチラをクリック。)

 視聴にはDAM★ともへの登録が必要だったりと非常に手間です。
 ぶっちゃけそこまでして聞く価値あるの?って聞かれると

 絶対にノウ。

 楽曲は「放課後ティータイム」の「ふわふわ時間
 合の手はもちろん機械がやってくれるわけがないので
 今回特別ゲストで「菌介」という子にやってもらいました。

●とは言え一応調査報告が目的なんで諸説感想なんかも。
 初録音でなんで緊張が声にでてます非常に。
 じゃあ取り直しすればよかったんじゃないかというそこのアナタ。
 この機能、実は取り直しが一回しかできません。
 視聴再生も二回までという良く分からない制限もついてますが
 こちらはまあ自分の歌声をそう何度も視聴したいと言うタイプではないので
 ウチはあまり気にはなりませんでした。
 あとこの録音機能、【プレミアムDAM】、そして【LiveDAM】という機種に搭載されてる機能ですが
 音質はLiveDAMで収録した曲の方が遥かに鮮明です。
 (けいしきはプレミアムDAMで録音しました)

 あと合の手の話を先ほどチラッとしましたが
 多重録音こちらはLiveDAM限定)という機能があり、
 自分がまず一回録音しておいた音源
 自分ないし、別の歌い手の人がコーラスなりハモリなりを上から録音できる
 というコンビネーション機能があります。
 これにより凄いハモリ音源が出来たりなんかするかもしれません。
 次回はLiveDAMもちょっと見てきたいと思います!

●という訳で今回は意図せず自分の歌声を晒すことになりましたが
 批評は適当に聞き流しますのでご了承ください!
 というかコメント返してないな全然そういえば・・・すいません・・・。
 これが苦節半年でニコ動で手に入れた煽り耐性の集大成になることをねがいますが
 そういえばどんどん動画もUPしてるので今日はそちらも最後に貼り付けてのお別れ。
 「らじおへっど。」第370回は、
 同時録音したSquallを再生するとエラいことになってた
 けいしきがお送りいたしました!

 次回もお楽しみに!

 

 以上、水曜たむでしょうでした。 
スポンサーサイト
プロフィール

けいしき

Author:けいしき
PN:けいしき
『性別』:男
『嗜好』:イケメン、メガネ、幼女、ポニテ、ツインテ、双子、刀、忍者、赤いコート、ツンツン頭、トライガン。
アナログ仕様の雑魚レーター。
本業は漫画。
何か仕事があれば
飛びつきます。

Pixiv ID 560566
  Name けいしき

スカイプ ID keisiki

よければこちらもドウゾ。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム
管理人への連絡、 ネタのタレコミ等 お気軽にどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

リスナーカウント
各作品の作者・出版社・製作者等とは一切関係ありません。 当ブログの画像を無断転送、複製をすることはお控えください
最新トラックバック
FC2ブログランキング
よければクリックお願いします!

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。