らじおへっど。 2010年03月08日
●管理人けいしきが影響を受けたアニメ、漫画、イケメン、幼女、BL、乙女ゲーその他諸々を  つらつらーっと描いていくブログ。 色々取り揃えていく予定です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

らじおへっど。第344回。   「キャラクターの作り方:G」

●というわけで、毎日更新は不可、の発言の後も
 毎日アクセスカウンターを回しに来てくれる方々に
 本当に頭があがりませんが、私は元気です。

 本日はタイトルどおり、
 いつぞやピクファンを始めたころに
 「キャラクターの外見を作るやり方」について
 さらっと記事にします! と言ってから
 早一ヶ月が過ぎ去ろうとしていますが、
 有言いつになっても実行精神
 今日から何度かに分けてやろうかなと。
 毎度多分いっぺんに一つの記事にして書こうと思うから
 書く前から心が折れそうになるんですよコレ。

キャラクターの作り方、と大層なタイトルが付いてますが
 ぶっちゃけけいしきの描き方の一例をご紹介するくらいなので
 他にこういうやり方もあるよ!
 と言う方はご自身のサイト、ブログ等で是非ご紹介下さい。
 あと後ろについてる「」は「外見」のGなのであしからず。
 別にG級ばりの解説がついてくるわけではありません。

 以前やったデザイン関連の記事
             :【キャラクターデザイン

 この頃言ってたことを、
 さらに掘り下げていく感じの記事に出来ればと思いますが
 上手くいくかは全然分からん。

●さて、前置きはそこそこに、
 キャラクターの外見の作り方なんですが、
 まず描きに入る前に大まかに決めておく事が
 いくつかありますので列挙していきます。

 ・性別。

 ・世界観。(または描くジャンル)

 ・時代。

 ・ある程度の性格。


 けいしきは大体この四つくらいを
 さらっと確認してからキャラ作りに入ります。



◆性別◆

 これは勿論決めておかないといけないわけなんですが、
 世の中には「どっちでもない」という変わった設定を作られる方もいます。
 編集さんと話した時の余談になりますが、
 少年漫画等は大体主人公は「」が好ましいようです。
 勿論、これにも例外はありますが。



◆世界観◆

 またはジャンル、とも書いてありますが、
 自分が描きたいキャラが「ファンタジー世界の住人」なのか
 「現実世界の住人」なのか、を考えるだけでも
 おそらく随分服装が変わってくると思います。
 生活観、世界観、価値観によって外見はガラっと変わってくると思うので、
 例えば「ベルセルク」の世界に学ラン着た学生が出てきたら
 ・・・それはそれで面白いかもしれませんけど
 【世界観】と【外見】だけ見れば、マッチは絶対してないと思います。

 例外としては「現代ファンタジー」が挙げられますが、
 このジャンルの作品はファンタジー世界にセーラー服の女の子
 とかが登場したり、逆に現実世界にファンタジー衣装のキャラ
 とかも平然と出てきたりするので、常識が通用しなかったり。
 逆にそのギャップを楽しむ、という要素が
 【現代ファンタジー】の一つの醍醐味でもあったりするので
 その辺は是非練りこんだ設定と相談して
 服装は決めていくと上手くいくかもしれません。

 最後に、「戦闘があるか無いか」で
 武器等のデザインも要求されてきます。
 戦争が多い、やら、特殊能力を外見で表現する方法、
 なんかも考えておくと後で楽かもしれません。 



◆時代◆

 現代、過去、近未来、遠未来・・・
 舞台背景ともいえる要素になってきますが、
 今、ウチらが生きてる現代で侍が歩いてたら
 完全に場違いというか
 「生きる時代間違えてますよ」というツッコミが
 まず入ると思います。つまりそんな感じ。
 にいけばいくほど、原始的な素材を使った衣装になったり、
 未来にいけばいくほど、まだ現時代の段階では
 使われてないような素材が主流の衣装
になったり・・・と、
 時代チョイス一つだけでも、色々考える要素にはなったりするので
 これも一応考える候補の一つに挙げました。
 現代モノを描く時は、
 必ず現代のファッション雑誌とかを参考にしましょう。
 その方が説得力がでます。



◆ある程度の性格◆

 これは顔のデザインに役に立つと思いますが、
 例えば

 ヘイト顔だけ
 この顔をみて
 「元気な明るい少年」やら、「人付き合いが上手そう」と言った
 ポジティブな印象を受ける人は少ないと思います。
 そう見えないのであればウチとしてはありがたい限りなんですが、
 つまり【そういう風に見られないように描いている
 と言うのが根底にあります。
 このキャラは

 「過去に暗い事件に巻き込まれ、
  それからずっと上手く笑えないでいる。


 という簡単な設定があったので
 それに沿ってデザインした結果、
 【しかめっ面】や、【口の端を下げる
 【目を大きくしすぎない(目パッチリは明るいイメージなので)
 等の簡単な顔の構成を決めて、
 あとは憂いの要素が出れば、と思って耽美系の輪郭に近づけて
 髪型は人を寄せ付けなさそうなトゲトゲにしたくて
 線の質を若干固い感じで毛先を描いたり・・・と、
 上手い事それが表現できてる、出来てないに関わらず
 とりあえずそんな事を意識しながら描いてます。
 デザイナーさんレベルになってくると
 第一印象大事の世界になってきますので
 ばっちりこの辺り決めていかないといけないとは思います。

 逆に明るい表情を作りたいときには
 【目を大きく、らんらんと見せる】だとか
 【ニコニコしてる】だとか
 言葉にもできるくらい簡単な構成を組み合わせると
 存外、顔は簡単にデザインできます。
 そのデザインに関して一つだけ注意することがあるとすれば

 「描けるパーツのストックを沢山作っておく

 これは同じパーツを流用しまくってると
 顔が全員一緒になることを危惧してのことです。
 目の角度から、鼻の高さや大きさ、果ては眉毛の形まで。
 描ける物が多いほうがバリエーションが増えます。
 結局のところ色々と言いましたが

 自分のキャラをこういう風に見て欲しい

 と言うような、意識が一番役に立つと思います。
 ご自身の感性を思う存分発揮してください!
 



●と、ざらっと説明してきました。
 とにかく仕事にするならまた話は別になってくるとは思いますが
 (先方さんの意見やオーダーにも左右されるので)
 個人で楽しんでキャラクターを作るのであれば
 このくらいでウチはやってます。
 次回はピクファンで作ったキャラを一例に
 実践作業的な説明をやっていけたらなと思います。
 コメント欄、今日は開放しとくので
 質問やら感想等あればそっちにお願いします!
 答えられる範囲で対応したいとは思いますが
 出来ない事のが多いのは自覚してるので
 その辺りはご了承いただけると大変助かります。

 では「らじおへっど。」第344回は
 ジャイアントキリングが面白すぎてヤバい
 けいしきがお送りしました!

 次回もお楽しみに!



 近日紹介したい漫画ナンバーワン。
スポンサーサイト
プロフィール

けいしき

Author:けいしき
PN:けいしき
『性別』:男
『嗜好』:イケメン、メガネ、幼女、ポニテ、ツインテ、双子、刀、忍者、赤いコート、ツンツン頭、トライガン。
アナログ仕様の雑魚レーター。
本業は漫画。
何か仕事があれば
飛びつきます。

Pixiv ID 560566
  Name けいしき

スカイプ ID keisiki

よければこちらもドウゾ。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム
管理人への連絡、 ネタのタレコミ等 お気軽にどうぞ!

名前:
メール:
件名:
本文:

リスナーカウント
各作品の作者・出版社・製作者等とは一切関係ありません。 当ブログの画像を無断転送、複製をすることはお控えください
最新トラックバック
FC2ブログランキング
よければクリックお願いします!

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。